Courseraのすすめ ーアリゾナ州立大学 TESOLプログラムを修了してみたー

英語

もう少し英語の勉強したいんだけどなとか、英語の講師をしているけど何か資格がほしいとお考えの方、TESOLはいかがでしょうか。

TESOLとは「Teaching English to Speakers of Other Languages」の略で、英語を母語としていない人への英語教授法(という学問領域)のことです。

大学院に行ってTESOLを専攻すると、MA in TESOLという資格が取れるそうですが、大学院に行くとなるとお金も時間もムリそう・・。

でもここで諦めちゃいかんのです!!

費用をあまりかけずに、仕事も辞めずに、良質な授業、できれば海外の授業を受けられないかと探して見つけたのが、アリゾナ州立大学のTESOL プログラムでした。

ありがとうアリゾナ州立大学!! 

ということで、今回は私がアリゾナ州立大学のTESOLプログラムコースを受講した話です。

このプログラムはCoursera(コーセラ)という学習サイトを通して受講することができ、月額固定の学費を支払います。

月額 5,500円!!(令和5年現在)

12ヶ月かけて修了するプログラムだから、つまり総額6万6千円
いける!1年間勉強してこの金額ならいけると思って始めてみました。

実際は8ヶ月で修了できたので、かかった費用は44,000円でした!

自分のペースでどんどん進められますので、頑張れば節約できます。

ASU TESOLプログラムの概要

簡単に概要を説明しますと、このプログラムはPart1.とPart2の2部構成になっています。

▶Part1
Course1:Foundational Principles
Course2:Theories of Second Language Acquisition
Course3:Lesson Design and Assessment
Course4:Capstone Project1

▶Part2
Course1:Second Language Reading, Writing, and Grammar
Course2:Second Language Listening, Speaking, and Pronunciation
Course3:Technology Enriched Teaching
Course4:Capstone Project 2

各コースを6週間で修了させるようスケジュールされていて、6週間×8コース=12ヶ月で完了です。1コース修了させるとCourseraから修了証が発行されます。
↓これ

※アリゾナ州立大学からのTESOL Certificateは、全8コースを修了し、ASUの審査をパスするともらえます。

プログラムの内容について

内容はとにかく素晴らしいの一言です。さすが教授法の授業。私はこの内容でこの金額ならコスパ最強だと思いました。

ただ課題は多くて、こなすのは結構大変でした。
まず授業を受けて、そこから、小テスト・レポート提出・レポートレビュー(4人分)・まとめテストという流れを1週間でやり切ります。

テストは80%以上で合格、レポートも3人に評価されますが、評価が悪いと先に進めません。これだと難易度高いと思うかもしれませんが、大丈夫、安心してください。

●授業は面白い!!
短い時間で区切られていて工夫の凝らされた授業でした。授業構成が素晴らしく大変勉強になりました。

●テストは受け直しできます
小テスト、中テスト、まとめのテストなどありますが、80%未満で落ちてしまっても受け直すことができます。

●期限の延長OKです
できました。延長ボタンを押せば問題ありませんでした。

※私の場合は、最終課題Teaching Portfolioを提出してから、ASUに評価してもらうまで4週間かかったため、延長ボタンを押しました。

▶余談ですが、審査をただ待っているのはつまらないので、待っている間にGorgia Institute of Technology の「Improve your English Communication Skills」を受けていました。
↓これ

こちらは英語でのビジネスメールの書き方、電話の取り方などの初歩的な内容で、TESOL コースが大変だっただけに私的には拍子抜けでした。

大変だったことなど諸々

最終章のCapstone2 、Teaching Portfolio提出はかなり大変

Part1、 Part2の最後にはCapstoneが用意されています。これは実際に自分で英語の授業を撮影する課題が含まれています。Capstone 2はASUに審査してもらうため、10の授業計画書と10の授業ビデオ(10分程度)を作成します。しつこいようですが、これが本当に大変。

たかが10分とはいえ、英語でカメラに向かって話続けなくてはいけません。

恥ずかしいとか思っていたのは最初だけで、あとはもう”あ~、時制がおかしい”とか、”説明へたすぎ!!”とか自分の英語に愕然とし、慄然としながらこなしました。何回も撮り直しました。

慄然としながらです

それらを提出してから、ASUの判定と評価をひたすら待ちます。私が提出した時は4〜6週間待つように指示がありました。学習者が集う掲示板には、「再提出になって2回目だ」とか「剽窃で落とされたけどどうかどうかセカンドチャンスをください」(無理に決まってんだろっ)などと書き込まれていたので、判定と評価は厳しくしてくれていると思います。

CourseraにはTESOLプログラムだけでなく、本当に様々な講座がありますので、ご興味ある方は是非受講してみてください。始めてしまえばこっちのもの、きっと楽しいですよ!

【人気の講座はこんな感じ】
・Machine Learning Course: Stanford University
・Data Science Courses: John Hopkins University, University of Michigan
・Google Data Analytics Course: Professional certification course provided by Google

Courseraはこちら
ASU TESOLプログラムはこちら

 ご質問のある方は、コメント欄にご記入ください。

#TESOL #英語資格 #Coursera #コーセラ #アリゾナ州立大学 #ArizonaStateUniversityTESOL #TESOLCertificate #英語資格 #TESOLアリゾナ #TESOLArizona #TESOLオンライン #TESOLオンライン英語資格

コメント

タイトルとURLをコピーしました